浅間山星空撮影の裏側

昨晩は真夜中にチャレンジ君と星空撮影の為軽井沢より嬬恋方面に向かう道から歩き浅間山方面に出動して参りました。

普通なら撮影した星の写真を公開する所なのですが、星写真は編集に大変時間がかかりますので今回は星写真の裏側というか極寒の中ではどんな風にして写真を撮っていたり時間を使っているかなどサブカメラにて撮影したちょっと遊び心のある写真を紹介したいと思います。

まず気温ですが完全にマイナスです。持って行った鞄などは完全に凍り付きます。それくらい寒いですので服装は全身ダウンで固めていきました。

2015.03.20 Canon EOS 7D/EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

2015.03.20
Canon EOS 7D/EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

そして星写真はカメラを置いた状態にて長時間の撮影になりますので空いた時間はジェットボイルでお湯を沸かしてドリップ珈琲など楽しみます。これがまた通で美味しい。

2015.03.20 Canon EOS 7D/EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

2015.03.20
Canon EOS 7D/EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

あまり明るくしてしまうと星の写真に影響が出てしまいますので明かりは最小限の真っ暗闇です。

2015.03.20 Canon EOS 7D/EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

2015.03.20
Canon EOS 7D/EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

決めては待っている時間もこんな感じに星座がわからなくなるくらい満天の星空を眺めている事ができます。

2015.03.20 Canon EOS 7D/EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

2015.03.20
Canon EOS 7D/EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

それにしてもこのスーツがあればほぼ怖い物なしですね。もっともっと過酷な環境に挑んでみたい物です。

今回撮影した星空写真に関しましてはまた後日アップしていきたいと思います。

広告

浅間山星空撮影の裏側」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中